現在位置: トップページ >

備後撚糸からのお知らせ すべてのお知らせを見る →

▼ 2009/12/01 「メディア掲載履歴」ページ更新
メディア掲載履歴」ページに2009年3月度~9月度の各紙掲載記事データを追加しました。
▼ 2009/09/12 「関連リンク」ページ更新
関連リンク」ページに協力各社のリンクを追加しました。
▼ 2009/08/20 「和紙糸とは」カテゴリ更新
和紙糸とは」各ページにおいて「旧暦美人ダイアリー2010(株式会社パンゲア様製作)」関連の情報をを追加しました。
▼ 2009/08/12 「関連リンク」ページ更新
TOPページおよび「関連リンク」ページにて弊社素材・和紙布が採用「旧暦美人ダイアリー2010」へのリンクを追加しました。
▼ 2009/05/03 「和紙糸の生地見本」ページ追加
和紙糸生地や製品の詳細情報を記した「和紙糸の生地見本」ページを公開しました。
▼ 2009/04/03 備後撚糸ブログ スタート
備後撚糸の日常、撚糸や和紙糸の話題についてつづる「備後撚糸ブログ(びんねんブログ)」をスタートしました。
▼ 2009/01/31 「商品情報」画像追加
「東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009」にも出品する弊社ブランド「BoonLIGHT-ブーンライト」「光」の商品(バッグ・雑貨類)の画像をアップしました。
▼ 2009/01/30 2/3~2/6 東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 に出品
東京ビッグサイトで行われる「東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009」にて、西第2会場(西2ホール)全国観光物産フェア「(財)備後地域地場産業振興センターブース」において、弊社の商品を出品いたします。ご来場の方はぜひ当ブースにもお立ち寄りください。

糸を撚る意味 / その効果 ~ 撚糸について

撚糸(ねんし)」とは、1本または複数本を引き揃えた糸に「撚糸機」で新たにひねりを加えることを言います。糸に撚り(より)をかけることにより、糸に強度をつけたり、異素材を組み合わせることができ、独特の風合いや機能をもたらすことが可能になります。
→ 撚糸をさらに詳しく

撚糸職人が開発した糸 ~ 和紙糸とは?

特許取得「水撚り製法」で作る和紙の糸。滑らかな肌触りを持つ和紙糸は、軽く、通気性等にも優れます。また、天然繊維のため、焼却・地中分解もできるなど環境にも優しい糸です。現在、おかげさまで全国の協力企業様と独自商品の開発・展開が活発に進んでいます。
→ 和紙糸をさらに詳しく

備後撚糸で撚糸加工のお引き受けができる素材

綿糸・シルク・ウール・麻などの天然繊維。アクリル・レーヨン・ポリエステルなどの合繊繊維。フィラメント・ストレッチ・金糸・銀糸など加工実績は多岐に渡ります。その他の素材における撚糸加工につきましても積極的に取り組ませていただきます。まずは弊社までお気軽にご相談ください。
→ ご相談・お問合せへ

▲ ページ上部へ

撚糸加工・国内生産(国産)における撚糸の強み

上記表題について結論から言うと、国内撚糸加工における最大の強みは「検査・検品」工程にあると考えます。「ものづくり」とはモノを作って終わりではなく、作られたモノが人様の手に渡り、作られたモノが人様の役に立って初めて完結します。お客様が安心して使用できる商品を生み出すために、原料供給元である弊社も常に「その先」のお客様のお顔を見据えて業務に専念いたします。→ 備後撚糸の撚糸加工について

▲ ページ上部へ

備後撚糸ブログへ(別ウィンドウで表示)
旧暦美人ダイアリー2010 ~ 和紙布製の新柄・新色が5色登場(別サイトへ)